東京都社会保険労務士会 中野杉並支部所属
お問い合わせは : 03-6457-4865

:: 給与計算 ::

給与計算とは


給与計算業務とは、まず会社の諸規程と法律に基づいた支給金額から、所得税・住民税・健康保険料(介護保険料)・厚生年金保険料・雇用保険料等を差し引いて、各社員の支給額を計算する一連の事務作業をいいます。
事業主は、差し引いた税金や保険料を、事業主負担分とあわせて国や地方公共団体に納付します。

また、1年に1度「年末調整」と呼ばれる事務手続きがあります。会社は給与を支払う際、所得税を差し引いて支払います。この所得税は一定の仮定の基で計算されているので1年(1月1日から12月31日)経過した時に精算する必要があります。

※社会保険労務士が年末調整、源泉徴収票、法定調書を作成提出してしまうと税理士法違反となってしますので、すでに顧問税理士さんがいる企業様の場合、その税理士さんとご相談しながら作業を進めていきます。

顧問税理士さんがいない場合、当事務所と提携を結んでいる税理士さんをご紹介出来ます。

給与計算のアウトソーシング


給与計算業務は労働基準法をはじめ各種労働関係諸法令を順守する必要があることから、たいへん手間がかかる作業といえます。

雇用保険料率の改正や社会保険料率の改正…昇給にともなって社会保険料額が変更になる場合もあります。

小さな事業所様だとしても、給与計算を自社でやるとなれば、知識を持った担当者が必要となります。社内で給与計算をすれば、社員さん達の目が気になることもあるでしょう。

そういったことでお悩みでしたら、まず一度ご相談ください。





→ 助成金について